« DR.Z『Three Parts To My Soul』 | Main | TERRORVISION
『How To Make Friends And Influence People』 »

2004.03.07

BACKYARD BABIES『Stockholm Syndrome』

ロッケンロー!

#1の『つかみ』から#5までの『ノリ』は素晴らしい!#6はドレゲンのヴォーカルソングでちょっとトーンダウンしちゃうけど、その後勢いをすぐに取り戻すので、ちょっとしたアクセントになっているのかも。#11のAC/DC的リフからハノイ的なメロディに繋ぐ曲などもうツボ直撃です。

正直、もっと疾走して欲しいけど、全体的に歌詞を丁寧に歌っている感じを受けるのでたぶん爆走アルバム『Total 13』のような作品は今後も出さないでしょう。次の段階にステップアップした感もあるし。

この作品『Stockholm Syndrome』には国違いボーナストラックヴァージョンが有り、本国スウェーデン初回デジパック盤のボーナスは"Shut The Fuck Up"。曲名から受ける印象とは違い、疾走感は無い。ミッドテンポ以上アップテンポ以下といった感じでボーナストラック止まりみたいな曲。

日本盤は"Big Bad Wolf"と"Please! Please! Please!"(CDS『Minus Celsius』収録)。"Big Bad Wolf"はアルバムに入っていても違和感の無いミッドテンポな曲。そして"Please! Please! Please!"だけど、これぞパンキッシュというキャッチーな曲。これをアルバムに入れたらまた破壊力が増した筈。#6の代わりとか

そしてドイツ盤というのがあるらしく、"Shut The Fuck Up"と"Big Bad Wolf"をボーナスにしているらしい。

通常ヨーロッパ盤は何のボーナスも無く、11曲収録な上CCCDなので絶対に買ってはいけません反吐が出るね(はーと)。規制の無いはずのロッケンロールにCCCDなどという害毒な規格で型にはめるBMGはだ!

このように各国で収録曲が違うのですが、日本のレコード会社が来日記念盤を出してくれれば解決する話。the WiLDHEARTSみたいにばんばんフォローして頂きたいものです。でもBMGは働かないからなー。(つ Д ` )

3月のライブに向けて"Friends"での「サナヴァ、ビッチ!!!!!」の掛け声を練習しないといけません。タイミング外すとこの上なく恥ずかしいですから。

今度こそ"Stars"が聴けると信じてー

|

« DR.Z『Three Parts To My Soul』 | Main | TERRORVISION
『How To Make Friends And Influence People』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18320/271070

Listed below are links to weblogs that reference BACKYARD BABIES『Stockholm Syndrome』:

« DR.Z『Three Parts To My Soul』 | Main | TERRORVISION
『How To Make Friends And Influence People』 »