« CD屋さんが閉まってしまう街 | Main | 音飛び【Vol.1】 »

2004.03.12

ENUFF Z'NUFF『Peach Fuzz』

躁鬱ど真ん中

躁鬱の移り変わりが激しい人が周りに居ると大変なのです。

そしてその躁鬱の激しいVo.が在籍している(た?)バンドこそがENUFF Z'NUFFなのです。あ!まずバンド名が読めないと言う人は一歩前へ。

この作品は過去のマテリアルを寄せ集めた未発表曲集で、キラリと光る曲もあれば、平坦で表情の無い曲もあり、バラエティに富んでいます。最終的には「いいねぇ」と膝を叩いてしまうような作品になっております。躁も鬱も良い具合に混ざっていて聴いてて飽きません。しかし例えキレイなメロディの曲でも、明るく跳ねるような曲でも、『幸せ』というイメージが伝わって来ないのは流石です。

当時『MUSIC LIFE』の赤尾美香が事実関係を確かめもせずに勢いだけで書いたライナーがマヌケです(ちなみに「純粋な新作では無い」旨の訂正文が折り込まれている)。話は例によって大きくHate方面へ脱線するが、後期『MUSIC LIFE』は兄弟誌『BURRN!』の売上にあやかったかの如くヘヴィメタルにすり寄り、面白おかしく茶化した上に小馬鹿にするという余りにも酷い紙面作りの挙句、終焉間際には当時売れ筋UK勢で延命を図ろうとするもその甲斐なく廃刊になった雑誌です。そこの中の人だったのでまあ、しかたが無いですね。

このバンドはBEATLESが好きな人のアンテナにも引っかかると思います。怒りの方のアンテナに触れてしまうかも知れませんが。BEATLESを真面目に聴いた事が無い私ですら、なんとなく「あーBEATLESっぽい」と思うのですから。

冒頭での『Vo.が在籍している(た?)』というのは、メイン・ソングライターの片割れでもありENUFF Z'NUFFをENUFF Z'NUFFたらしめている個性的なほどメランコリックな歌声を持つVo.(ドニー・ヴィー)が、ソロ・アルバムを完成させました。それをきっかけにしたかどうかは知りませんが、
・小さい規模ならばツアーには参加しない。
・契約上、もう一枚アルバムを作る。
・作るのならばオリジナルメンバーで。
・現メンバーの悪口を言いまくる。
etc...
と、いろいろとメンバー間の問題を抱えているからです。ありがちですね。

さぁ、新作は出るのでしょうか?当初のアナウンスでは日本盤は3月17日という事でしたが、アルバムタイトルも決まっていないようなので出る訳もありません。ライブも楽しく魅せる実力派バンドなのに全世界的に売れないままフェードアウトしていくのは哀し過ぎるとは思いませんか。え思わない?ENUFF Z'NUFFなんて知らなかったよ?

それではしかたないですねぇ

|

« CD屋さんが閉まってしまう街 | Main | 音飛び【Vol.1】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18320/289330

Listed below are links to weblogs that reference ENUFF Z'NUFF『Peach Fuzz』:

« CD屋さんが閉まってしまう街 | Main | 音飛び【Vol.1】 »