« 和田誠『どうしようもなくヘヴィメタル』【Vol.2】 | Main | AEROSMITH『Honkin' on Bobo』 »

2004.04.16

和田誠『どうしようもなくヘヴィメタル』【Vol.3】

『読むに耐えない軽さ』

この一言に集約されるであろう本がコレ。なんだかんだ言ってクリスタルに染まっているのは筆者自身としか思えない軽薄な文章。そもそも文章といえるかどうか。話し言葉、擬音中心の駄文の群れ。結局、最後まで何が目的で出版した本なのかが判らない。【Vol.2】の最後に書いた「ちょっと面白くなるのであった」も錯覚だったようだ。当時の音楽シーンをマサ伊藤を絡めて紹介するのかと思いきや、目に飛び込んでくるのは「ギャオス、ギャオス!!」等の不協和音。勘弁して下さい。

最後に意味不明なこの本の意味不明さを抽出して〆たいと思います。

「え~と、え~とね、太刀を使う助さんの華麗な殺陣は、プロレスでいうとナニタイプ!?」
「ん~ッ正統的ストロング・スタイル」ピンポーン
「それをヘヴィメタ・ロックでいうと!?」
「・・・・・・えーと、えーと」
「あ、あのハゲたギタリストのいる、ホラ」
「あっ、レインボー!!」ピンポーン
「素手殺法や剛力殺法が得意な格さんは、プロレス流に言うと!?」
「パワー・ファイター・タイプ!?」ピンポーン
「ヘヴィメタ・ロックでは!?」
「う~ん、う~ん、モ、モ、モーター・ヘッド!!」ピンポーン
【第三章~プロレス、ロック、水戸黄門、共通一次クイズ~より引用】
自分が何で食わせてもらっているか判っているのか?と問い詰めたくなる偏差値の低い文章。こういうのが100%詰まった本って需要あるんですかね?1000円払って買った奴が言えるセリフじゃないけど。

|

« 和田誠『どうしようもなくヘヴィメタル』【Vol.2】 | Main | AEROSMITH『Honkin' on Bobo』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18320/446809

Listed below are links to weblogs that reference 和田誠『どうしようもなくヘヴィメタル』【Vol.3】:

« 和田誠『どうしようもなくヘヴィメタル』【Vol.2】 | Main | AEROSMITH『Honkin' on Bobo』 »