« April 2004 | Main | June 2004 »

2004.05.27

Towerとは違うのだよ!

現在、amazonにて輸入権に関するアンケートを募集してますね。
link→ 輸入音楽CDの規制

最近はamazonもぁゃιぃ動きを見せており、突然消費者に擦り寄った感も否めませんが、タワレコが裏切った以上、amazonが最後の砦です。皆さんもガンガン意見を送りましょう。

ぁゃιぃ動き
最近、US盤の値段が高め。
最近、amazon.comでは買えるのにjpでは買えない商品がある
最近、US盤が引っかからない。UK盤は引っかかる
最近、値引きしなくなった

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.05.25

耳をすませば

耳鼻科に行ってきました。

耳に蓋をされたような感覚が消えなくて不快感がアリアリだったのでちょっと診察してもらおうと思った訳ですよええ。予感は的中、20数年の永きに亘り蓄積された老廃物が

小指の先ぐらい出てきたYO!

皆さんも耳鼻科に行かれてはどうでしょうか?きっと凄い物が・・・貴方の耳の奥にも眠っているかも知れません・・・

この物語にはラピスラズリ猫の男爵も出てきません。SFごく、けつ)ですので。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.05.20

山あり谷あり平地なし

the WiLDHEARTS公式HP(というかGINGER公式)の『GINGER SAYS...』に衝撃の事実が書かれております。詳しくは各自で訳すように。
参考link→ i-am-iさんの掲示板

the WiLDHEARTSは崖っぷち裂け目にいつも挑んでいくようなバンドだなぁ、とつくづく感じさせられる。THE DARKNESSとUSツアーに出ているものかと思えば解散を考えていたり、一見すれば順風満帆のようなGUTとの関係もアレだったりと、こちらの予想の斜め下、斜め上を常に行く

だからこそ、せめて世界最高のロックンロールバンドと呼んであげたい。世界最高の地位をthe WiLDHEARTSとして手に入れるその日まで。

ロッケンロール!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.05.18

AC/DC『Live At Donington』

リージョンフリーですよ~♪

小学生ルックの小男が観終わった時には世界一Coolだと思えるのは何故か!?

アンガスだからさ

この作品は同タイトルでリリースされていた音源のDVD版です。しかし映像が伴うとまた違う迫力が感じられます。ドニントンに集まった大観衆を前にした強烈無比なバンド・パフォーマンスは鉄壁であり、リード・ギタリストであるアンガス・ヤングの長い長いソロですら無駄には思えません。その兄であるマルコム・ヤングは黙々とリズムに徹し、弟よりヴォリュームを落とし、決して前には出ず、コーラスはサボらない。もう美学ですよ!これに労働者階級まんまのブライアン・ジョンソンがアルコールで燻されたような声でAC/DCのリフサウンドに力を加え、捻り、放出するのです。これぞロックンロール!またロックンロールらしく下品なのもイカします。アンガスのケツ出しタイム(定番コーナー)を満面の笑みでリズムキープしながら見ているドラマーのクリス・スレイドが最高スギです。

惜しむらくは観客には女性もいっぱい居るであろうハズなのにも関わらず、外人さんの特徴であるポロリ映像が捉えられていない事でしょうか。肩車された女性客のポロリは野外では必需品なのになぁ。

こんな偉大なバンドが横浜アリーナで演奏してくれたなんて!それを目撃できたなんて!!贅沢を言わせて貰えば"Moneytalks"でAC/DC札をバラ撒いて欲しかったな…確か演んなかったんですよね。でも幸せでした

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.05.16

世界の中心で「Headfuck!」を叫ぶ

現在THE DARKNESSと米国Tour中の吾等がthe WiLDHEARTS閣下がNEW YORK CITYで、

ヘッドライナー

としてShowを御開きになられる!
link→ i-am-iさんのHP

立てよ国民!ジークthe WiLDHEARTS!世界の中心で「ヘッドファック!」と連呼セヨ!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.05.14

BOSTON『Stagestruck』

Live In MANKATO,MINESOTA May 16,1995

久しぶりにWiLDHEARTS系以外でBootを買いました。Bootは基本的にプレス盤しか買わない質なので、この作品のように2枚組みでプレス盤、おまけに中古ゆえに2,000円というお手ごろ価格には高速タップですよ!オーディエンス録音なのでちょっとムラがありますが、ギターもヴォーカルも十分な音圧で収録されてます。4th『Walk On』ツアーの音源のようです。やっぱりスタジオミュージシャン的な佇まいを身に纏うバンドなのでライブ音源を聴くと新鮮でイイです。これでヴォーカルにトミー・ファンダーバークも帯同してれば最高なんですけど。メンバー紹介を聴くと、このツアー時はブラッド・デルプだったようです。

この音源をwebで調べている最中に面白いサイトを知りました。
link→http://www.musicplasma.com/
アーティスト関連図が視覚的に表示されるというページで、amazon.comへのリンクも有ったりと便利かも。例えばthe WiLDHEARTSで検索すると、CHEAP TRICK、BACKYARD BABIESが出てきます。が、しかし、DRIVE-BY TRUCKERSて誰?なんでPAT TRAVERSが関連なの?ミック・ロンソンなら判るけど・・・とまぁ、新たな音楽ライフが始まるかも知れないツールになるかも・・・というお話。

BOSTON系というか産業メロディアスハードな音像のバンドを聴いてるとお金の減り具合が激しくて困る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.09

攻殻機動隊S.A.C.

攻殻機動隊

やっとDVDを『2nd GIG 02』まで観終った。いいね。攻殻を観る前は『パトレイバー』のTVシリーズとOVAシリーズを観ていたので作画技術の進歩に驚いた事!素晴らしい!ハラショー

買う前は、一本二話収録で定価6,300円はいかがなものか、と思っていたけど本編や巻末映像特典のスタッフインタヴューを観て行くにつけ「妥当な値段かも」と思ってしまう自分がカワイイ。安ければみんな共有ファイルのダウンロードなんかしないで買うのにね。

「大人買いできないのなら金を貯めろ。それが嫌なら耳と眼を閉じ口を噤んで働け」
【第1話「公安9課SECTION-9」より】 (嘘)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

the WiLDHEARTS
『THE WILDHEARTS Must Be Destroyed!』

CCCD Must Be Destroyed!

姉さん、アメリカ盤もCCCDです。

かっ買わ、買わないで下さいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ...(

GUTは駄目だな、もう怖くて買えないよ。裏面の一番下に小さくこう書かれております。

THIS CD CONTAINS DIGITAL COPY PROTECTION, MEANING THAT WE WOULD RATHER YOU DID NOT COPY IT. GUT RECORDS IS AN INDEPENDENT RECORD COMPANY. THAT MEANS WE REINVEST THE MONEY WE MAKE FROM SELLING CDS INTO SIGNING AND DEVELOPING MORE ARTISTS.
インディーなら尚更の事、Artを守る為にCD-DAにしてくれよ。

とりあえず、一回だけ聴きました(せっかく買ったので)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.05.07

個人輸入

www-totalrecallmusic-com
ドイツの中古屋だが、amazonにも出店している。このお店は信用できないのでどうしても欲しい品物がこの店にしか無い(そんな事はありえないが)場合以外は使わないほうが良い。1点しか注文してないのに3点来るとはどういった了見だ。しかも余計な2点はTHE ORGANIZATIONとMIDGE URE。節操も何も無いではないか。しかも到着するのが異常に遅い。

輸入権が変な方向に実行されるとこういったトラブルが多くなるであろう事は容易に想像できる。

輸入権に賛成した連中は全員、

福田みたいに辞任すればいいのに

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »