« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.13

ONE WORLD PROJECT『Grief Never Grows Old 』

控え目なゲイリー・ムーア ■スマトラ沖地震、津波被害救済チャリティシングル
豪華面子でレコーディングされたチャリティシングルです。参加メンバーはGary Moore,Bill Wyman,Rick Wakeman,Jon Anderson(YES),Russell Watson,Boy George,Stevie Winwood,Barry and Robin Gibb(The BEE GEES),Brian Wilson(BEACHBOYS),Cliff Richard,Dewey Bunell & Gerry Beckley(AMERICA)等。
私はGary Mooreに惹かれて購入しました。

もちろん、Gary Mooreといえば表情が鬼神の如きな泣きのギターですがこの曲ではソロタイムを用意されているものの割りと控え目です。それでも短いながらもGary Moore独特の伸びのあるクリーントーンを披露しています。

曲的にもメロディラインが素晴らしいので聴いていただきたいです。少しでも津波被害のチャリティに参加できれば・・・と思って購入した訳ではありませんが、結果的にチャリティに参加できたのでオーライといった感じで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.11

LOVE PSYCHEDELICO『Early Times』

Everybody Needs Somebodyに尽きる■シリアルNo.入り限定盤
自分の番号を暗証番号にする人が増えそうな予感
いったい邦楽作品を買ったのは何年ぶりなのだろうか。
日本人アーティストというとOUTRAGEが一番近いけど内容は英語詞HM/HRだし、個人的ジャンルでいう『邦楽』というとBOØWY『This BOØWY』以来。

購入の動機は"Everybody Needs Somebody"が聴きたかったから。ギターのカッティング感にノックアウトされました。サントラ買おうかと思ったけど、思い留まっていて良かった。ジャニタレの映画なんて観てもないしそのサントラなんて持っていたくも無かったからね。

さて、こういう日本人アーティストが洋楽テイストを発散させていると、「元ネタは~だ!」とか「~は~のパクリだ!」とかいろいろ出てくる訳ですが、ちらっとネット上を見てみるとあったありましたよ、LOVE PSYCHEDELICOにもそういう話が。SHERYL CROWとの比較論が割りと目に付きますね。

SHERYL CROW、この人の曲で唯一好きなのは"Sweet Child O' Mine"。もちろんGUNS N' ROSESのカヴァー。
このカヴァーが収録された『The Globe Sessions+1』を持っていたけど"Sweet Child O' Mine"目当てで聴いてたせいか、他の曲の魅力が理解できずにシングルを購入したのをきっかけに売り払ってしまいました。SHERYL CROWなんて個人的にはこの程度の存在なので似ていようが万が一アレしてようがなんともないですよ、ど真ん中を行くだけですよ。ああ。

さて、開封して先ほどプレイヤーにセットしてからというもの"Everybody Needs Somebody"しか聴いていません。ていうか

怖くて他の曲聴けないよ!

SHERYL CROWの二の舞になったら嫌なので・・・あと、ジャケについて一言。

<=【STEREO】=>

みたいな表記が欲しかったよね。これ、単純にかっこいいし。
The HELLACOPTERSみたいにね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

永田泰大
『ファイナルファンタジーXI プレイ日記
ヴァナ・ディール滞在記』

言葉遊び的な感覚が抜群

ファミ通.com上で異常ヒット数を記録した名物日記がついに書籍化。
「ファイナルファンタジーXI」をめぐる、涙あり笑いありの27万字。
ネット接続から、冒険の基礎、スラングや礼儀作法までをちりばめて初心者のガイドとしても最適。
その後の日記、吟遊詩人篇を新たに書き加えて、ついに登場。
【帯の紹介文より】
27万字といっても3日もあれば読み終えてしまいます。それぐらいテンポが良く、最後まで飽きません。

PS2でオンラインゲームを遊ぼうとすると立ちはだかるのは『オンライン販売でないと買えないBBユニット』の壁。しかも高値!独占禁止法に触れてそうな香ばしさが漂ってくるかのようです。
高値で限定された場所でしか買えないBBユニットが届いてからも難関は続く。『接続』という名の回り道を通過しなければなりません。
艱難辛苦の果てにやっとオンラインデビューです。挨拶の仕方は?礼儀作法は?手探りでゲームは続いていく・・・

このような内容の日記形式で綴られたこの本ですが、喜怒哀楽の『怒』が極端に出てきません。著者の性格に拠るものが大きいのか、努めて表に出さなかったのか。
しかし、この本の内容からは嘘臭さは微塵も感じられません。ゲームをこれだけ前向きに楽しめればいいなぁという羨望の念すら湧いてきます。
何を隠そう私も読み終わった直後は「ヤバイ!BBユニット買わなきゃ!3月にスターターキット出るし!早く!早く!!」状態でした。でも、壁と回り道に立ち向かおうと想像するだけでやる気は萎えてしまいました。
萎えた原因は他にもあって、この本の中にも度々出てくる「同じレベルぐらいの冒険者」「戦闘」にまつわるネガティブな意見を目にした事も一つですが、なによりも今の自分にFF-XIを堪能する時間と器が有るか?というのが一番のネックとなってしまいました。
それと、PSO(ファンタシー・スター・オンライン)でのアイテム泥棒を平然と行える醜い人間の所業を目にしてから止めていたオンラインの世界に戻るのが嫌だったというのもあります(FF-XIではシステム的にできないようですが)。

ネガティブな部分ばかりがオンライン(対人)の全てではないですが(むしろ喜びの方が大きな割合を占めるでしょう)、壁などの障害を乗り越えて踏み込んでみたらイバラの道だった、ではあまりにも損の方が大きすぎるという個人的判断が勝ってしまいました。

残念ながら私はFF-XIの世界に飛び込めませんでしたが、新しくFF-XIを始めてみようとか思っている人もそうでない人も、是非ともこの本を読んでみてはいかがでしょうか。読み終わった後に何かが必ず残るはずです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.10

果報は寝て待て

類稀なる少女漫画家である竹本泉の復刊情報です。

■未収録作品集・エンターブレイン+白泉社+宙出版+メディアボーイ分
■未収録作品集・角川書店分
■講談社未収録作品2
■未収録作品集・竹書房+芳文社分

状態【残念】
交渉方法:訪問

著者の先生とお話しして、復刊の可能性をお伺いいたしました。
しかしながら先生は「頁数が少ないものばかりなので、本には
なりません」と、キッパリ。「他の作品が単行本化された際に、
その後ろにくっつけるくらいですかねぇ」とのことです。尚、
投票されている作品の中では一部既に刊行されていたり、近刊
収録予定なこともありますので、全面的に「残念」というわけ
ではありませんが、本件まとまってという形では難しいという
結果でした。


■うさぎシリーズ
状態【残念】
交渉方法:訪問

著者の先生とお話しして、復刊の可能性をお伺いいたしました。
しかしながら先生は「先回刊行してからそんなに時間が経って
いないので、次のリニューアルは5年後くらいですね」とのこと
でした。全面的に「残念」というわけではありませんが、今すぐ
には難しいという結果でした。


いやぁ、復刊ドットコムのスタッフの方々お疲れ様でした。竹本泉さんの話だと5年後、という事で。先の長い話ですなぁ。

それでも愛好家は待つのみでありますっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.03

今日の十六文キック

ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッ☆`Д´)ノ

東芝EMI、邦楽アルバム時限再販期間を3月発売の新譜より6ヶ月に短縮

東芝EMI株式会社は、2005年3月1日以降発売する邦楽アルバム(新譜)より時限再販期間を現行の発売より1年から、6ヶ月に短縮する。

なお、受託商品、非再販価格維持商品は除く。2月28日以前に発売の邦楽アルバム新譜の時限再販期間は、現行のまま。また、邦楽シングルおよび洋楽商品も現行の発売より6ヶ月のままとなる。
【2005年1月17日 Musicman編集部】

東芝EMIっていう名のガン細胞が音楽業界を衰退させている。

こっちのガン細胞は除去されたというのに・・・
Link → ワーナーミュージック・ジャパン、CCCDの生産終了を発表

株式会社ワーナーミュージック・ジャパンは28日、一部で生産していた著作権保護機能を付加したコピーコントロールCDの生産を終了したことを発表した。

なお、すでに2004年12月以降に発売をした新譜についてはすべて通常のコンパクトディスクとなっている。

同社は、コピーコントロールCDを導入した経緯と生産終了に至る経緯を下記のように説明している。

■コピーコントロールCD導入の背景 弊社がコピーコントロールCDを導入した2002年当時は、 ・私的複製の範疇を明らかに越えるCD-Rへの複製行為 ・インターネットを通じた違法な音楽ファイル交換 などが蔓延し、一般ユーザーの著作権に対する認識はまだまだ希薄だった。これらの行為は、音楽創造サイクルを分断し音楽文化を破壊しかねず、レコード会社のみならず音楽業界全体にとって放置できないとの判断から、著作権の重要性の啓発、悪意なく行われているカジュアルコピーの防止を目的として、コピーコントロールCDを導入した。

■コピーコントロールCD終了に至る経緯
その後、著作権侵害行為の実態について多数の報道がなされ多くの議論が起こり、業界各社とともに啓蒙活動につとめた結果、著作権保護に対する意識は徐々に高まった。また、違法行為に関しても一時の混乱期を脱したと思われる。 さらに法的環境の整備も進んでいることから、コピーコントロールCDは一定の成果をあげたものと判断。

一方、ハードディスクやフラッシュ・メモリーを記録媒体としたパソコンに親和性の高いポータブルデバイスのさらなる普及も予想されるなど、音楽を楽しむ環境が大きく変わろうとしている。そのような中で、これまで当社が発売してきたコピーコントロールCDではパソコンへの取り込みを行えず、ユーザーのニーズに応えることができなくなった。

このような状況を総合的に判断して、コピーコントロールCDの生産終了を決定するにいたった。

【2005年1月31日 Musicman編集部】
どいつもこいつもとっとと
iPODの恩恵に当社も与らせて下さい
と正直に吐いたらどうだ?ん?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Re.Re.竹本泉『セーラー服をあなたに』

とうとう届きましたよ、2個も!

さて、内容ですが・・・

正直、微妙。

私たちのセーラー服ゲーム』っていう副題からは淫靡ささえ感じさせられるものの、その内容のイラストというと『Chokobe-』とか脱力系な感じが竹本節全開で良いです。

このゲームで繰り返し遊べるか?と問われると返答に困りますがね (^ ^ ;
イラスト集としてどうぞっていう感じです。


買うのは1個だけで良かったとかはがたがた言わない!

購入されたい方は、こちらとかこちらをご参考にどうぞ。

Amazonでも買えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »