« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.31

THUNDER『The Magnificent Seventh!』

正直、しんどい
こりゃまたずいぶんと集中力を必要とする作品をリリースしましたねTHUNDERは。

まずおや?と感じたのはヴォーカルとギターにかなりの温度差がある事。
これまでにないぐらいルークが熱く激しく弾き倒していますが、いかんせんダニーのヴォーカルが最初から最後まで安全運転なのです。だからギターが浮きまくってしまうのです。したがって印象に残るものといえばヤケ糞気味に掻き鳴らされるギターだけ!しかし印象的なメロディが無いのでどこに焦点を絞ったらいいのか途方に暮れてしまいます。更に心なしダニーの声からも色気がなくなったような印象も受けます。
ある意味、ギターアルバム。ギターがただ、鳴っているだけの、アルバム。

そして緩急の欠如
どの曲も似通っている為にふと気が付くと曲がどんどん流れていってしまいます。このアルバムからの曲はライブではキツイかも知れません。緩急が少ない上にメロディが弱いので1曲1曲の、更に言えば作品全体の輪郭が掴めません。なんか聴き所を手探っているうちに「あれ?もう1曲目に戻っちゃったよ」状態です。

今作には一聴して「こいつはスゲェ!」と唸るような名曲は残念ながら存在しません。アルバムから伝わってくるイメージも、うすらぼんやりしていて収まりが悪いです。今回ばかりはルークのセルフプロデュースは失敗だったのではないでしょうか。前作に於いても音飛びをスルーしてしまう程度のクオリティゆえ、疑問視していたのですが(音飛びさえ気にしなければ素晴らしい作品なのですが・・・)。

なにはともあれ、7月です。ライブに期待です!それまでにかなり聴き込まないといけません。ポリアンナで言うとこの「小さなしあわせみーっけ」を実践しなければなりません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.27

Re.The CAESARS
『39 Minutes of Bliss
(In An Otherwise Meaningless World)』

さて、Amazonに「これはCCCDですか?CD-DAですか?」と質問を投げかけたのですが、未だにお返事がきません。
で、HMVにも浮気をしてしまい同様の質問を投げかけたところ、速攻でお返事がきました。

「これはCCCDではありません」

ひゃっほー!やっぱりHMVは鉄板だったよ!で、届いたのが↓

caesars ■我が家のCDドライブではAUDIO-CDと認識
正規品を手に入れるには不正品よりも多くお金を払わねばなりません。その辺の理由は以下のリンクをご参照ください。

Link → いかんともしがたいさん

((;゚Д゚)ガクガクブルブル

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.03.26

THUNDER来日公演決定!

◆CLUB CITTA' Presents THUNDER 15th ANNIVERSARY JAPAN TOUR 2005

・6/29(水) BIG CAT 大阪 open 18:00/start 19:00
・7/1 E.L.L 名古屋 open 18:00/start 19:00
・7/2(土) CLUB CITTA' open 17:00/start 18:00
・7/3(日) CLUB CITTA' open 17:00/start 18:00

現在、CLUB CITTA'にて先行予約を行っています。

楽しいRockを観たければTHUNDERのLiveを体験して下さい。
素晴らしい歌を堪能したければTHUNDERのLiveを体験して下さい。
伝統に根付いた英国の香りを感じたいならばTHUNDERのLiveを体験して下さい。
・・・きっと満足感と心地よい疲労感を得られる事でしょう。

ああそうそう、これだけは覚えてから足を運んで下さいね。

もしも、「ハロー、チーム!」とステージから呼びかけられたら、

「ハロー!ドン!」と答えましょう。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.03.25

The CAESARS
『39 Minutes of Bliss
(In An Otherwise Meaningless World)』

さて、Amazonに「これはCCCDですか?CD-DAですか?」と問い合わせ中ですが、返事が遅いのでHMVの方にも確認を取っています。Virgin/Emi盤はCD-DAだといいなぁ。

現在確認中のAmazonですが、輸入元がUSからUKに変わってしまったような気がします。これだからAmazonだとおっかなびっくりの買い物になってしまうというのに!輸入盤に関してもCCCDかどうかを明記していただきたいものですね。

ちなみに、Virgin盤はCCCDなのでご注意を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.18

QUEENS OF THE STONE AGE『Little Sister』

期待通りの音と曲 ■新作からの1stシングル

早速、聴いてみました。

なんとなく想像の付く期待通りの、前作の延長線上の音と考えてもいいのではないのでしょうか。ただ、
#2.The Blood Is Love (Contradicktator Remix)
#3.Little Sister (Contradicktator Remix)
というRemixのせいか、かなりサイケデリック度が増しています。

しかし、ニック・オリヴェリがバンドに居ない事が全体をまったりとした雰囲気にしてやしないかちょっと心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.03.17

今日の十六文キック

ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッ☆`Д´)ノ ←EMI

Apple iPod shuffleのCM曲収録の、The CAESARS『39 Minutes of Bliss (In An Otherwise Meaningless World)』を買おうと思ったら、国内盤はCCCD、輸入盤もCCCD!っていうか新宿をあちこち歩き回ったけど、どこにも『39 Minutes of Bliss (In An Otherwise Meaningless World)』のUS盤が置いていないってのはどういうことだオラエーッ!ヽ(`Д´#)ノ
あったま来たのでAmazonに問い合わせをしています。US盤なのでたぶんCD-DAだと思うのですが・・・だといいなぁ・・・

それにしても、ざけんなEMI!PC使う録音装置のCMのタイアップ曲なのにコピーコントロール掛けっぱなしかよ!ここまで

阿呆だとは思っていませんでした。ごめんなさい。

とっとと倒産してくれないかなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.12

デイヴィッド・エディングス『ベルガリアード物語』

指輪物語よりテラ倍おもしろい不朽の名作が新装版にて刊行中です!

ポルおばさんが若すぎるような・・・セネドラが非常にかわいらしく描かれています


しかも日本初お目見えとなる『ベルガラス物語』も全3巻で7月より刊行予定だそうで、2005年はエディングスが熱いかも知れません。

さて、比類なき面白さを誇るこの『ベルガリアード物語』ですがなんか認知度が低いような気がします。気のせいですか?
本屋でも糞くだらねぇ『時の車輪』シリーズとかは猛プッシュされているのに、王道を往くエディングス作品は何故に平積みもされないのでしょうか。気のせいですか?
同じ早川なのに力の入れようが違うように感じます。気のせいですか?
なんか刷る度の部数が少ないように思います。気のせいですか?
エディングス作品といえば訳者は宇佐川晶子で鉄板ですが、なんか新装版の2巻、『蛇神の女王』の訳者が違うような。気のせいですか?

・・・って気のせいじゃないぞコラー!Σ(゚Д゚;)

誰だ佐藤ひろみって!Amazonでも過去の作品もこの人の翻訳になってるし!いつからすり代わった?え記憶違いなのか?なのかーっ!

まぁいいです。漫才の掛け合いのようなテンポいい言葉遊びがキチンと翻訳されているのならば誰でもいいんですよ、ぶっちゃけ。
エディングス小説の最大のポイントはこの『言葉遊び』です。個性的なキャラクターによる物語の魅力を最大限に引き出すこの『言葉遊び』こそが何回読んでも飽きない要因であり最大の魅力なのです。
ダウンタウンの昔の漫才を今見ても面白いと感じるような、エディングスの『言葉遊び』にも似たような感覚があります。何回読んでもおもしれー、みたいな。オススメですよ!
多分、今回も印刷部数は少な目だと思われますのでなるべく早く(σ・∀・)σゲッツ!!される事もオススメしておきます。

そして、『ベルガリアード物語』にハマった人はこの続編『マロリオン物語』も読んでみて下さい。古本でもなんでもいいから取り合えず読んで下さい。本屋さんに取り寄せをお願いすればまだ入手可能かも知れません。全10巻です。Amazonだと在庫切れになってますね・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.11

IDLEWILD『Warnings / Promises』

ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッ☆`Д´)ノ ← EMI

IDLEWILDという英国のバンドがいます。日本での発売元もEMI、ヨーロッパで発売元もEMIです。そのIDLEWILDが新作を出しました。

国内盤はCCCD ■Warnings / Promises

いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)


EMIとCDでは単なるEMIのCDだが
      EMI  ( ゚д゚)  CD
       \/| y |\/


    二つ合わさればCCCDとなる
        ( ゚д゚)  CCCD
        (\/\/

産業廃棄物だな
        (゚д゚ )
        (| y |)

さて、そんな比類なき悪魔のCCCD帝国、EMIの魔の手から逃れるにはどうすればいいかと言うと、

HMVで鉄板これオススメ。

念の為、HMVに「この、カタログNo.:5607752はCCCDですか?」と質問を投げたところ、

「いいえこれはCD-DAです」

というお返事をいただきましたのでオーダーした所存です。ヽ(´ー`)ノ

EMIの魔の手を逃れる為には通常の輸入盤の2倍の値段を払わないといけないというのが・・・ _| ̄|○

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.07

今日の十六文キック

ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッ☆`Д´)ノ ←生姜

Link → いかんともしがたいさん

もう何も言うまい・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.05

BACKYARD BABIES『Tinnitus』

耳鳴り■12曲入りコンピレーション
1stを除く、今までのアルバムから4曲づつ収録されたコンピ盤です。音のレベルが均一になっているかなっていないかは微妙な感じ。まぁ気にするな!って事でしょうか。
Liquor & Poker Musicレーベルサンプラーがオマケで付いてきます。CRASH KELLYが気に入ったのでOrderしてしまいました。

かなりいいかも■なんとなくENUFF Z'NUFFっぽい。

そのENUFF Z'NUFFといえば、

enuff_znuff_q←がFRONTIERSレーベルよりリリースされますが、ボーナスは何か収録されるのでしょうか?つーか、ドニー・ヴィーが現在のツアー等に参加していないという時点で終わっているバンドなんですけれども。今一番、もったいないバンドです。ジャンキーの被害妄想な感じがしますけどね、今のドニー・ヴィーは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »