« IDLEWILD『Warnings / Promises』 | Main | 今日の十六文キック »

2005.03.12

デイヴィッド・エディングス『ベルガリアード物語』

指輪物語よりテラ倍おもしろい不朽の名作が新装版にて刊行中です!

ポルおばさんが若すぎるような・・・セネドラが非常にかわいらしく描かれています


しかも日本初お目見えとなる『ベルガラス物語』も全3巻で7月より刊行予定だそうで、2005年はエディングスが熱いかも知れません。

さて、比類なき面白さを誇るこの『ベルガリアード物語』ですがなんか認知度が低いような気がします。気のせいですか?
本屋でも糞くだらねぇ『時の車輪』シリーズとかは猛プッシュされているのに、王道を往くエディングス作品は何故に平積みもされないのでしょうか。気のせいですか?
同じ早川なのに力の入れようが違うように感じます。気のせいですか?
なんか刷る度の部数が少ないように思います。気のせいですか?
エディングス作品といえば訳者は宇佐川晶子で鉄板ですが、なんか新装版の2巻、『蛇神の女王』の訳者が違うような。気のせいですか?

・・・って気のせいじゃないぞコラー!Σ(゚Д゚;)

誰だ佐藤ひろみって!Amazonでも過去の作品もこの人の翻訳になってるし!いつからすり代わった?え記憶違いなのか?なのかーっ!

まぁいいです。漫才の掛け合いのようなテンポいい言葉遊びがキチンと翻訳されているのならば誰でもいいんですよ、ぶっちゃけ。
エディングス小説の最大のポイントはこの『言葉遊び』です。個性的なキャラクターによる物語の魅力を最大限に引き出すこの『言葉遊び』こそが何回読んでも飽きない要因であり最大の魅力なのです。
ダウンタウンの昔の漫才を今見ても面白いと感じるような、エディングスの『言葉遊び』にも似たような感覚があります。何回読んでもおもしれー、みたいな。オススメですよ!
多分、今回も印刷部数は少な目だと思われますのでなるべく早く(σ・∀・)σゲッツ!!される事もオススメしておきます。

そして、『ベルガリアード物語』にハマった人はこの続編『マロリオン物語』も読んでみて下さい。古本でもなんでもいいから取り合えず読んで下さい。本屋さんに取り寄せをお願いすればまだ入手可能かも知れません。全10巻です。Amazonだと在庫切れになってますね・・・

|

« IDLEWILD『Warnings / Promises』 | Main | 今日の十六文キック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18320/3269736

Listed below are links to weblogs that reference デイヴィッド・エディングス『ベルガリアード物語』:

« IDLEWILD『Warnings / Promises』 | Main | 今日の十六文キック »