« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.22

Musical Baton

さて、今流行の『Musical Baton』をPINさん より受け取りました。こうやって人づてに色々と巡り巡って来るのってなんか凄ぇなぁ、と。

Total volume of music files on my computer ~今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

基本的にiPODに取り込んだら消してしまうので空なのですが、1枚だけE.P.が入ってました。

MANIC STREET PREACHERS『God Save The Manics』

これはマニックスのHPでダウンロードできる限定E.P.(英国のLive会場でのみCDが配布されたそうです・・・羨ましい!)なのですが、この3曲は今度日本でやっとリリースされる

LIPS

に収録されるのでその内消すかもです。よって限りなくゼロに近いです。

The last CD I bought ~最後に買ったCD

今日届いたのは以下の通り。

MAGNUM『The Spirit』
MAGNUM『Chase The Dragon』
MAGNUM『The Eleventh Hour』 以上、amazon.co.jpより。

A.C.T『Early Recordings』
A.C.T『Today's Report Rmst』 以上、www.act-imaginary-friends.netさんより。

なんか毎日どこかしこから荷物が届いているような・・・ちょっとヤバイですね、財政難ですw

Song playing right now ~いま聴いている曲

で、そのMAGNUM『Chase The Dragon』より、"Soldier Of The Line (Live)"。いい曲ですね~和みますよ。

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me ~よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

「これを聴こう」と思って聴く作品、曲というのは無いので、思い入れのある曲をセレクトしました。

・ the WiLDHEARTS"Suckerpunch"
 音楽的嗜好がこの曲に出会えた事で様変わりしました。とにかくパンキッシュでメロディアスで攻撃的でthe WiLDHEARTSといえば?と訊かれたらこの曲を聴け!って返すであろう、代名詞的な曲。いつ聴いても元気になれる曲でもあります。

evsw『Earth Vs the Wildhearts』収録

・ METALLICA"One"
 METALLICAといえばこの曲。当時はこの曲のLiveヴァージョンを聴きたくてBoot盤をかなり買いました。その度にカーク・ハメットのギターのへろへろ具合に腰を抜かしてみたりw METALLICA史上最高にプログレッシブでアグレッシブな名作『...And Justice For All』より。リフが凄すぎる。

・ BLIND GUARDIAN"Somewhere Far Beyond"
 これぞジャーマンメタルの最高峰に位置する名曲!BLIND GUARDIAN自身もこの曲を超える曲を生み出せないでいます。同名アルバム『Somewhere Far Beyond』より。バグパイプの音が非常に効果的。

・ MOTLEY CRUE"Hooligan's Holiday"
 MÖTLEY CRÜEを知るキッカケとなった曲で、これまた『BURRN!』誌に徹底的にコキ下ろされました。判ってねぇ。この曲があったからこそ今でもMÖTLEY CRÜEは現役なのではないかと思うぐらいです。当時はジョン・コラビ時代のLiveは観れなかったのでBoot盤を買いました。MÖTLEY CRÜEがMOTLEY CRUEと名乗っていた唯一の作品『Motley Crue』より。このアルバムが一番好きかも、MÖTLEY CRÜE時代ひっくるめても。

・ MANIC STREET PREACHERS"A Design For Life"
 とにかくこの曲一発でマニックスに惚れました。the WiLDHEARTS同様にマニックスにも駄曲はないけれど、中でもとびっきり切なくて、感動的に美しいこの曲をチョイスします。リッチー・エドワーズ失踪後の作品『Everything Must Go』より。美しくも痛々しい内容ですが、なんとなくポジティブ感が伝わってきます。
この作品を教えていただいた方とはthe WiLDHEARTSがきっかけで知り合えたのだけれども、最近はMailも疎遠スパイラル。元気にされてるでしょうか?僕はまぁまぁ元気です。あの頃は楽しかったですね。色々教えていただいた事に感謝しています。

Five people to whom I'm passing the baton ~僕がバトンを渡す5人の方々

僕もあまり深い知り合いの方がいないので、迷惑かも知れませんが軽い気持で渡してみます。

若木未生さん (若木雑記@blog
小説家の方です。僕は単なる読者で、知人でもなんでも無いのですがw

残り4本のバトンは捨てました。単勝です。大穴狙いです。書いてくれたら万馬券だと思っています。
ヨロシクお願いしまーっす!

|

2005.06.21

T-RIDE『T-Ride』

t-ride ※このエントリ中の点数およびレビュアーの名前はおぼろげな記憶領域から引っぺがしてきたものであり、間違っている可能性が無きにしも非ずです。

さて、T-RIDEです。実は一番エントリしたかったバンドでもあります。このバンドは特別で、その特別の理由・・・初めて他人の評価を気にせずに購入した記念すべき一枚、という点に尽きます。

HR/HMを聴き始めるきっかけは友達が見せてくれたMETALLICA"One"のPVと、そいつが何気なくプレイヤーにかけたBLIND GUARDIAN『Somewhere Far Beyond』から流れてきた"Time What Is Time"でした。モノクロで統一された演出による"One"の世界観と激しさに何かが目覚め、"Time What Is Time"の甘美とも言えるメロディの洪水に止めを刺されたのです。

それから『BURRN!』誌に手が伸びるのも時間の問題でした。この頃既にMETALLICAのギタリスト、Kirk Hammettの影響からKirkの師匠であるJoe Satrianiのお弟子さん達にまで興味が移っていました。そんな中、『B!』のニュース記事の中で「T-RIDEというJoe Satrianiの教え子が在籍するバンドがデビュー。そのお披露目となるショウにはKirk Hammettも・・・」という一文が目に飛び込んできました。
そしてまた別の号の『B!』にはインタビューとReviewが掲載され、以前の記事のLiveの模様が紹介され、バンドのインタビューを読むにつけどんどん膨らんでくる期待感。しかしReviewの点数は・・・

20点

by 酒井康(当時の編集長)

1992年当時はグランジ/オルタナティブ・ブームの真っ只中で『B!』はHR/HMを守りたかったのか徹底的に排斥していた時代。もちろん古き良き懐古主義者の編集長はこうやって新進気鋭のバンドの芽を摘む訳だ、リッチー・ブラックモア類レインボウ科に属さないバンドは全てグランジ/オルタナティブとでも言うかのように。
しかし当時の熱く燃える好奇心はくじけなかった。発売日にアルバムを購入し今では信じられないぐらいの集中力で聴いたのを覚えています。

1. Zombies from Hell ・・・ ホラーテイスト満タンなSEからネオクラシカル的なギターソロが切り込んでくるのが印象的なオープニング・ナンバー。『Joe Satrianiの教え子』という印籠を早くも出しちゃいました!みたいな。独特なVo.の声もとても味わい深く、コーラスワークもバッチリ。エクセレンッ!
2. Backdoor Romeo ・・・ #1同様、ホラーテイスト満タンなSE→コーラス→ネオクラシカル的なギターソロという順番をちょっと弄っただけかよ!と思わせといてフックのあるメロディとサビが特徴的な曲。エクセレンッ!
3. Ride ・・・ うねるようなヴォーカルとそれに絡みつくギターとベースとドラムスというシンプルな曲ながら地声?なハイトーンのサビがとってもエクセレンッ!
4. You and Your Friend ・・・ いきなりメロディアスになりペースチェンジを聴き手に強制するかのような名曲。ベースの音が非常に効果的に使われていて隙間のある曲にキーボードがまとわりついてとってもムーディーです。エクセレンッ!
5. I Hunger ・・・ ここでギアを再び元の位置に戻す。この作品の特徴に『ドラムスが跳ね、ベースがその周りを跳ね回るような感覚』というのが常にあるのだけれど、ソレがこの曲では特にいい感じに鳴っている。コーラスも最高の使い方だしサビへと至る展開もエクセレンッ!
6. Luxury Cruiser ・・・ 映画のサントラにも使われた曲。3ピースならではの音の空間と印象的なサビ、捻くれた曲展開及び抜群のコーラスワークと忘れた頃に飛び出す『Joe Satrianiの教え子』という印籠。完璧。エクセレンッ!
7. Hit Squad ・・・ 高速に捲し立てる攻撃的なヴォーカルに大げさにならないクワイアを絡めて跳ねるドラムスとベースのコンビネーションが完璧な曲。エクセレンッ!
8. Bad Girls and Angels ・・・ 一番のお気に入り。低音と高音を見事に使いこなすVo.の力量の素晴らしさ!このアルバムに捨て曲という物は存在しないが、何よりも素晴らしいのがどの曲にも最高のクライマックス(サビ)が用意されているという事。もうね、エックセレンッ!!と言わざるを得ないというね。
9. Bone Down ・・・ ギターを大きくフューチャーしたインスト。この曲のパーツは皆さんも一回はTVで聴いた事があるかも知れない。正に『Joe Satrianiの教え子』という印がココにあるのです。エクセレンッ!
10. Fire It Up ・・・ 妖艶なポルノ女優の喘ぎ声で幕が開く曲。電車の中で聴く時は注意が必要!ってぐらい妖しい声。エレクトッ!曲はほとんどがコーラスで覆われていてとても耳に馴染む。エクセレンッ!
11. Heroes and Villains ・・・ 最後を飾るのは独特のVo.を惜しげもなく披露する、叙情的かつ根底に流れるシアトリカルな雰囲気十分な曲。非常に綺麗な曲でもあります。エクセレンッ!

というエクセレンッ!な11曲が収録されております。『Joe Satrianiの教え子』が在籍するバンドというレッテルはもしかしたらギター鳴りまくりの偏った作品をイメージされてしまうかも知れませんが、実際はソロは曲のアクセントに過ぎず、かといって引き過ぎずといったいい塩梅で、バンド全体のアンサンブルを前面に押し出しています。3ピースバンドならではの音の隙間もとっても魅力的です。

このバンドの面白さは聴く人によって印象がまるで違うところにあると思います。僕なんかはQUEEN+グラムロック+スラッシュメタルだと思っているのですが、ある人は『DEF LEPPARD+FAITH NO MORE』だと感じるようです。とにかくamazon.comのReviewを読むとジーンとキてしまいます。

I'm so pleased to see other people digging this CD. My story of this band starts in '91. I was in a band and my singer used to collect guitar mags like crazy. He showed me this article on a student of Joe Satriani. The one quote that really stuck out was that Joe said that after a long day of giving lessons, he always looked forward to his lessons with Jeff Tyson (now spells it Geoff). Claiming it was like a breath of fresh air. This intrigued me knowing Joes' talents, so I checked out the music of his band T-Ride. And all I can say is I found a CD that I will probably listen to off and on for the rest of my life. I still have the CD I bought in '92. This music was so far ahead of it's time. And the fact that they made it themselves was amazing as well. To all who loves this CD as I do, spread it like wild fire. This CD deserves to be heard. I would also love to see it used well in a cool "david fincher" type of movie.

----------

That's how somebody somewhere (was it Metal Hammer back in the day when Metal Hammer was METAL Hammer?) described this, and, while it's a hawk-eyed observation, even that comparison to great music such as Leps and FNM doesn't do justice to T-Ride, because they have their own very special thing going. Through the wonder of internet, I became acquainted with this outstanding but toooo short-lived band. By the GODS, what a hugely original AND great album! Tight to the extreme, well-crafted songs, full of brilliant melodies...and the lyrics are something every aspiring songwriter should take a look at. I beg the guys from T-Ride to make a COMEBACK! And everyone with even the slightest interest for great music to check this orchestra out. And now, to my endless joy, I see that Amazon actually HAS it in stock! For a change! Galactico. Dad......DAD!!!! Ahem, the crrrredit card, thank you very much....

----------

I would have never checked this album out if it weren't for Martin Popoff's book on Heavy Metal. This album is an unknown gem. The production is great and most of the songs have cool grooves and good vocals. I dig Backdoor Romeo (great lyrics), You and Your Friend (should have been huge), Bad Girls and Angels (cool vocals), Fire It Up (great chorus), and Bone Down. Despite the fact that Jeff Tyson was a student of Joe Satriani he does not overplay. Instead he focuses on the songs and plays some great rhythm guitar. Whether you like rock, funk, or dance music this is one of those albums that I think many people can get into. Four and a half stars! Check it out if you can find it!

----------

I was jamming T-ride in the car and just had to stop by Amazon to write a review of this cd .The mood is gothic with tribal rythums and as one of the other reviewers mentioned , the guitar player (and his guitar sound) are extremely brilliant in its display but mixed well at the home studio the band had made to record this album so as to not broadcast the guitar as the dominant sound on cd .Just tweaked very well .The singing has just three peoples voices on it but the studio work has the chorus sounding like a one hundred person chorus . The singing (chorus' as well) are melodic and intriquet and thus doesn't appeal to the main stream morons who prefer the more simple , basic AC/DC aproach to chorus work .Basicly what I'm saying is the cd was released to a music listener base that was trapped in grunge and stupidness .This release is to different and intriquet for most listeners but is a pure gem for those who get it . The melodic direction the songs take are nothing you will hear anywhere else .This cd I would have to say falls mostly under the rock genre or gothic rock mostly .

----------

Such a waste that this band only did one album- however it DID take them 7 years to write and record- lol- so that counts for something. I did happen across Jeff Tyson's website and he has a new band- albeit a BIG departure from T-Ride. WWW.GeoffTyson.Com. Check it out.

----------

An outstanding release!!! I bought it on cassette in the early 90's and it was a very refreshing change from the grunge an ALT. music that ruled guitar rock at the time. More than just a metal album. Too bad this was it for T-Ride. If Amazon had it on CD, I'd buy it in a second!!!!!!

----------

I found this record in a shop that sells only used cds. This was a lucky event in the end because the title is, of course, out of print. A friend of mine told me about this obscure record from the nineties so when I saw it I immediatly decided to buy it. It is a great record which sports a strange tribal metal. There's a tribal rhythm all around the record which is really interesting. Jeff Tyson the leader of the band was a really talented guitar player, a Joe Satriani student actually. But in this records he didn't play solos (except a few terrific lines here and there), he didn't show off but instead he engaged his chops most of all in the rhytmn guitar parts. And you can clearly hear that the guy had chops because he had incredible time sense and precision also in the brief solos he took. In the end his playing all around this album was quite balanced. A really mature approach. The rhythmn textures of the music contened here is always really rich expecially if you consider that this is a metal album. It is convincing, energetic, quite interesting music. It is a shame that this band did only this album. And who knows something about Jeff Tyson nowadays? Too bad.

このように非常に愛情のある評価です。泣ける・・・

この作品はT-RIDE唯一のアルバムです。バンドは既にありません。しかし、いつまでたってもこの宝石は輝きを失わないのです(例えBOOK OFFで100円で叩き売られていても・・・TへT)。

このバンド、作品に出会えた事に感謝します。

|

2005.06.19

GALACTIC COWBOYS
『At The End Of The Day』

gc_ateotd

『ミュージシャンズ・ミュージシャン』という存在のバンドがいる。世間一般には認知されてはいないものの、仲間内、音楽業界内では最高の賛辞を送られているバンド達だ。(2ndを出した頃の)DREAM THEATER、KING'S X・・・そしてこのバンドGALACTIC COWBOYSもその代表格に挙げられると思います。

そんなバンドが発表した5枚目のアルバムがコレ。BEATLESライクなポップさにメタル、しかもスラッシーな金属音でデコレーションされた楽曲が特徴的で、それがとても耳に馴染み易いのです。どこかthe WiLDHEARTSにも通じるそのひねくれポップ具合は一回聴けば「ああ、GALACTIC COWBOYSだ」と記憶に刷り込まれてしまうぐらい。特にお奨めしたいのが"The Machine Fish Suite"と名づけられた7部構成の組曲。一曲一曲でも素晴らしいが、連作として流れてくるのもまた格別。一気に駆け抜けるこの組曲にGALACTIC COWBOYSの全てが濃縮されていると言ってもいい。

残念ながらバンドは6枚目のアルバム『Let It Go』をリリースして解散してしまいましたが、このバンド特有のコーラスハーモニー、クランチーなギターのザクザク感、ポップでファンクでメロディアスな曲達を埋もれさせたままにしておくのは勿体無いと思ったのか、今年(2005年1月)になって1st『Galactic Cowboys』が再発されました。

超ちょーチョーお奨めです!

Discography Of GALACTIC COWBOYS:
Galactic Cowboys (1991)
Space in Your Face (1993)
Feel The Rage E.P. (1996)
Machine Fish (1996)
The Horse That Bud Bought (1997)
At The End Of The Day (1998)
Let It Go (2000)

|

2005.06.18

A.C.T『Imaginary Friends』

imaginaryfriendscover_rm ■購入場所
www.act-imaginary-friends.netさん

スウェーデンの飛び切りメロディアスで飛びきりテクニカル志向なバンドA.C.Tが日本では2001年に発表した2ndアルバムのリマスター再発盤です。

音像的にすぐ思い浮かぶのはDREAM THEATER、QUEENといったところでポップともいえる曲をDREAM THEATERばりに弾きまくる趣が非常にgood。同郷の先輩、ABBAとかからも影響があるかも知れません(www.act-imaginary-friends.netさんのHPでA.C.Tのインタヴューが読めますが、JELLYFISHも影響元に挙げられてました。納得)。

更にこのバンドの素晴らしいところは作品から人間的な温かさが伝わってくる点にあります。インタビューでも常に笑いが絶えないような感じで非常に微笑ましいのです。大らかっていうか、小難しくないっていうか。発展途上のバンド特有のアットホームな雰囲気が感じられます。

さて、『Imaginary Friends』ですがこれといってとび抜けた曲がある訳ではないのに「いいバンド、いい作品だな」と感じさせる力があると思いました。産業ロック的でもあり、AOR的でもあり、オペラティックな曲ではSAVATAGEみたいな雰囲気も。まだ「これぞA.C.T!」的な色が無いのがアレですがこの方向性で作品を重ねていけば『良質なメロディのごった煮感覚』が特徴になるかも知れません。繰り返し聴いても肩が凝らないってのがイイんですw

難解な歌詞なんか読まなくてもいいじゃないか、っていう気にさせてくれるプログレ・バンドという稀有な存在のA.C.Tですが、世界(主にアメリカ)的にはレアなバンドという位置付けだそうです。しかし日本ではまだ1stも廃盤ではないようですし比較的楽に入手出来る環境なので是非、聴いてみて下さい。きっとあなたのお気に入りなバンドの音が思い浮かぶ不思議な瞬間が味わえると思います。お試しあれ!

詳細Link → www.act-imaginary-friends.netさん

|

2005.06.17

Re.CDプレイヤーに優しいCCCD?

Sony BMG、新技術のコピー防止CDをリリース

Sony BMGは、CD複製回数を制限する新技術を採用している。現在Windowsにのみ対応しているが、今後Macintosh対応版もリリースされるもよう。(ロイター)

 世界第2位の音楽会社Sony BMGは、不法コピー防止の徐行帯的役割を果たす新技術を組み込んだCDをリリースしている。

 ユーザーは個人的な利用の目的でCDを3枚までコピーでき、自分のコンピュータにMicrosoftの保護付きフォーマットで音楽ファイルを保存できる。

 コピー防止を目的としたSony BMGの新たな取り組みは、少なくとも1つマイナス面がある。PCユーザーはAppleの人気携帯音楽プレーヤーiPodに楽曲を転送することができない。これはAppleが、MicrosoftのWindows Mediaデジタル権利管理(DRM)システムに自社ソフトを対応させることを拒んでいるためだ。

 このコピー防止技術も強力とは言い難い。Apple Macintoshのユーザーには現在、何の制限もかけられていない。しかも、もしユーザーがWebサイトを訪れてiPodの非互換問題について文句を言えば、Sony BMGからこのコピー防止技術を回避する「裏ワザ」的やり方について電子メールが送られてくる。

 この技術を開発した英First4Internetによれば、最大の目的は楽曲のコピーが違法P2Pファイル交換ネットワークに出回るのを防ぐことにあるわけではないという。業界では売り上げが何百万ドルも落ちた原因としてP2Pを非難している。

 むしろこの技術の狙いは、CDのコピーが無制限に作成されて「校内海賊行為」と呼ばれるような状態になることを防ぐことにある。

 「この技術は徐行帯だ。平均的な消費者が好きなだけコピーを作る意欲をそぐことを狙っている」と、First4Internetのマシュー・ギリアットスミスCEO。

 「トラックがP2Pサイトに出回るのは食い止められない。これは気軽な海賊行為をやめさせるのが目的だ。ユーザーを阻止しようというのではなく、立ち止まって考えさせるものだ」と同氏は言い添えた。

 Sony BMGでは別にSunncomm Technologiesのコピー防止技術も利用している。以前のコピー防止CDは早々と失敗に終わり、コンピュータユーザーがフェルトペンでディスクに書き込みをしてソニーの「Key2Audio」技術を破ったこともあった。

 First4Internetのコピー防止技術を使ったCDは3月以来、米国で約200万枚が販売された。

 ギリアットスミス氏によれば、Apple Macintoshコンピュータにも対応したバージョンのコピー防止技術が今後登場する予定で、音楽会社数社がiPodの互換性についてAppleと交渉中だという。

 「業界中がAppleと交渉に当たっており、近く問題が解決することを望んでいる」と同氏。

 Sony BMGは日本のソニーと独Bertelsmannの合弁企業。
【ITmediaニュース 2005/06/17 08:14 掲載記事より】

う~ん、イタチゴッコが終わる日が近づいてきているのでしょうか。しかしVELVET REVOLVERが本国ではCCCDでチャート1位になってたなんて。

なんか微妙。

|

2005.06.11

Welcome Back!TERRORVISION!!!

テラーヴィジョン、再結成ライヴを開催!

TERRORVISIONミクスチャー・ロックにも通じるダイナミックさとパンク的なアグレッシヴさを兼ね備え、また曲そのものの魅力で聴かせる歌謡ロック的な持ち味も魅力であった英国ロック・バンド、テラーヴィジョン(Terrorvision)。93年の1st『フォーマルデハイド』以降、94年作『ハウ・トゥ・メイク・フレンズ・アンド・インフルエンス・ピープル』、96年作『レギュラー・アーバン・サヴァイヴァーズ』(写真)、98年作『甘く危険な桃の香り(原題:Shaving Peaches)』、2001年作『Good to Go』の4枚のアルバムを発表したものの、残念ながら2001年に解散に。今年4月には、フロントマンであったTony Wrightが新バンドLaika Dogのデビュー作『Forever and a Day』を発表するなど、解散後はメンバーそれぞれの道を歩んでいましたが、なんと、その彼らが再び集結してライヴを行なうことになったそうです。
彼らが再結成の場に選んだのは、バイク・レースをメインとした英国のバイカーズ・フェスティヴァル“Bulldog Bash”で、8月13日にメイン・アクトのひとつとして出演する模様。今回の件に関してとくにコメントは発表されていませんが、このまま引き続き活動を共にして欲しいものです。なお、同フェスには他にもザ・ダットサンズ、セラピー?、クイーン・アドリーナ、ヘル・イズ・フォー・ヒーローズらも出演する予定です。
【CDJournal.com 2005/06/10掲載記事より】
TERRORVISION復活ですか!初期の頃のような曲作りで戻ってきてくれないかなぁ。あと、来日希望です。観たい!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.10

DREAM THEATER『Octavarium』

DT_mt2 ■Metropolis Part 2: Scenes from a Memory
この作品で翳りが感じられるようになり、数枚のLive盤でお茶を濁され、

sdoit ■Six Degrees of Inner Turbulence
この作品で退屈を覚え、

tot ■Train of Thought
この作品で諦めてしまった。

そして届いたのが新作『Octavarium』。
Octavarium
大作主義の片鱗はまだ感じられるものの、ずいぶんと聴きやすくなった。メロディにちょっと輝きが戻ったからだが、それでもヴォーカルのメロディラインは退屈の域を出ていないし、曲にはキャッチーさの欠片もない。ちょっとメロウになった程度。
それでも過去2枚に比べればまだマシで、繰り返し聴ける範囲だと思う。

ここで問題になってくるのがLiveのSet-Listだろう。過去の名盤『Images & Words』『Awake』を軸にできた頃は遙か昔、今では退屈な展開が主流となってしまっている。メンバーがファンの求める曲を意図的に外している感すら漂ってくる程に。初来日公演、『A Change of Seasons』のツアーを観た者にとっては今のSet-Listは酷すぎる(まぁ、"A Change of Seasons組曲"も退屈だったけど)。例えMETALLICA『Master of Puppets』をフル演奏してくれても本編が退屈だったらただのカヴァーバンドに過ぎない。

ファンの求める作品とバンドの意識が取り返しのつかないところまで来てしまっている。きっとDREAM THEATERは斜め上の方向に、このまま突っ走るんだろうなぁ。

今のDREAM THEATERに必要なのは、
fii ■Falling Into Infinity
のような作品をコンスタントに出す事だと思う。本当は『Images & Words』と言いたいが本人達がプロデュースしている限り不可能だろう。

残念でならない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.06.07

CDプレイヤーに優しいCCCD?

Sony BMGが新しいコピー防止技術を密かに市場テスト中

という記事をSawney Bean's Caveさんのエントリにて知りました。

XCP搭載の製品ディスク自体に関しては、「compliant with Sony Philips CD specifications」というから、レッドブック準拠であり、通常のCDプレイヤーでの再生には支障がないはずと謳われている。悪名高いCDS(CCCD)とはこの点が大きく異なっている。
という事で今現在、東芝EMI等が採用している確信犯的悪意すら感じるCCCDのようにプレイヤーに危害を及ぼす可能性のない物のようです。後はApple社がライセンシーを取得すればいいんじゃないの?っていう感じ?なのかな?

CDを複製するのを目的に作品を買う訳ではないし、CD-Rにコピー出来なくする技術には文句ありませんっていうか大賛成です。自分で買え!って話ですからね。違法コピーして買わない馬鹿どもなんか一発で人生を免停させればいいんですよ
但し、その技術と音楽ファンが録音する自由を奪う技術というのは相反するものだという事を一流企業の方々には肝に命じていただきたいのです。

でも、自分の買うCDにアーティストの音源以外のカスデータとかが含まれているって思うと凹むよね。マナーの悪い消費者とマナーの悪いメーカーのイタチゴッコに巻き込まれてる感じ。嫌な時代だ。

参考Link → what's my scene? ver.6.1さん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »