« iPOD日記 | Main | Re.ちったぁ、人の事も考慮しろよ! »

2005.08.10

ちったぁ、人の事も考慮しろよ!

東芝EMIがパソコンでの使用を考慮した音楽CDを販売に

コピーコントロールCD(CCCD)での販売が続いている東芝EMIが、パソコンでの使用を考慮したという、新たな音楽CD“セキュアCD”を販売する。
 この“セキュアCD”について同社は「従来のCCCDとはデータの保護方式が異なり、従来の一部機種での再生の不具合は発生しない」と説明。また「Windows PCに挿入すると、このディスク独自の音楽再生ソフトが立ち上がり、CD-DAデータの再生、HDDへのコピー、CD-R作成が可能になる」とも説明しています。なお専用ソフトはWindows XP(32ビット) 用となっており、XP(64)やMacintosh等には非対応。またApple iTunesにも非対応となっています。
 またこの“セキュアCD”では、「Windows Media Playerによって、HDDからWMA DRMに対応したHDD型/フラッシュメモリ型携帯プレーヤーへの転送と、曲を選んでコンピレーションCD-Rを作成することも可能になる」とのこと。多くのユーザーがいるApple iPodは、自社のデジタル権利管理技術を使用しているため、曲の転送はできない模様です。
 まだ販売されていないので不確定ですが、どうやら、先日よりソニーBMGとEMIが米国にて販売し始めたコピー防止CDと同内容のコピー防止機能がついていると思われる、この“セキュアCD”。8月31日発売予定のローリング・ストーンズのニュー・アルバム(写真)を皮切りに、ポール・マッカートニー、ペット・ショップ・ボーイズ、ケイト・ブッシュのニュー・アルバム、そして、コールドプレイ、ゴリラズの最新シングルなどが今後販売されていく予定です。
 なお、この“セキュアCD”では、これまでのCCCDとは動作等が異なるという理由から、CCCDに付けられていた「CCCDロゴ」は使用されないとのこと。商品外装裏面に「パソコンでのご使用には制約があります」と表示されるそうです。

≪音楽再生ソフト:対応パソコン≫
●ソフト:
 Windows XP(32ビット)、Windows Media Player 9/10、Internet Explorer 6
●ハード:
 CPU:PentiumII 463MHz、メモリ:192MB、CD-Rドライブ、HDD空き容量800MB程度等

*使用状況によっては専用プレーヤソフトが動作しない場合があり。
*iTunes、OpenMG Jukebox、SonicStage等には非対応

≪コピーについて≫
●アナログ録音(カセット):
 可能
●MD、DAT等へのデジタル録音:
 一世代コピー可能
●PCによるCD-Rへのコピー:
 専用ソフトによるディスク一括コピーと、Windows Media Playerによる曲毎のコピーがディスクに設定されている回数だけ可能。
●PCによるHDDへのコピー:
 可能 WMA圧縮、DRM保護付き
●PCによる携帯プレーヤーへのコピー:
 WMA DRM対応機種に転送可能
【CDJournal 2005/08/09掲載記事より】

なお、この“セキュアCD”では、これまでのCCCDとは動作等が異なるという理由から、CCCDに付けられていた「CCCDロゴ」は使用されないとのこと。商品外装裏面に「パソコンでのご使用には制約があります」と表示されるそうです。

( ゚д゚)ポカーン
動作が異なってもレッドブック準拠ではないのならば消費者からしてみればCCCDです。アホもここまでくると立派です。

|

« iPOD日記 | Main | Re.ちったぁ、人の事も考慮しろよ! »