« JASRACが「敢えて言おうカス(ry」ラックと言われる理由 | Main | 『ヘビメタさん』終了 »

2005.09.24

FU MANCHU『In Search Of...』

fu_iso■日本盤売上枚数900枚程度…

何かイカス音楽を聴きたい。何か未知なサウンドに出会いたい。でも何を聴いたらいいのか判らない…

こんな症状でお悩みの方はいらっしゃいませんか?日本のミーハーHM/HR専門誌からの情報から脱却したいと燻っている方はいらっしゃいませんか?エモだとかコアだとか流行っぽい若手の音はいまいちどころか、どこかの誰かが情報操作してるんじゃね?ぐらいピンと来てない方はいらっしゃいませんか?ボン・ジョヴィがオリコンチャート10年ぶりのアルバム1位!って幾らぐらい金つぎ込んだ?とか疑心暗鬼になってませんか?なってませんかそうですか。

さて置き、あなたはロックが好きですか?ギターの音が好きですか?初期衝動という名のパンク・スピリッツを感じてみませんか?変化球よりストレートですか?そんな悩めるあなたにオススメするのが、FU MANCHUです!前置きが長いとかガタガタ言わない。

聴いてもらえれば判りますが、「小難しい事がたがたヌかすな!」とでも言わんばかりの漢度数満点ど真ん中ファズギターがうねりをあげる、正にロックンロール馬鹿一代(超ー褒め言葉)!これでもかこれでもかこれでもかと掻き鳴らされる熱くてぶ厚いギターサウンドにウットリする事間違いなし!

迷う事なかれ、聴けば判るさFU MANCHUーッ!

このサウンドに少しでも興味を覚えたならば、日本が誇る総本山とも言うべき以下のHPを参考にしてみて下さい。きっと新しい地平線が啓けるでしょう。南無阿弥陀仏。

参考Link → stoner sunshine - ストーナー・ロック・ファンサイト

|

« JASRACが「敢えて言おうカス(ry」ラックと言われる理由 | Main | 『ヘビメタさん』終了 »